死亡率を下げるのに寄与するリレンザと空気清浄機

よりよい生活環境を求めて空気清浄機を購入して使用する家庭や事業所が多くなってきています。医療施設や介護施設、公営の公共施設においては空気清浄機が設置されているというのが当然ともいえる状況が生まれてきており、健康や病気の予防に対する人々の意識の高まりが反映されたものでしょう。花粉や黄砂の問題もありますが、それよりも誰もにとって問題となるのがインフルエンザであり、毎年冬の乾燥した時期になると流行してしまし、死亡に至ってしまう人すらいます。そういった恐ろしさから少しでもウィルス感染のリスクを減らそうと空気清浄機を使用するということが多くなっているのです。インフルエンザはウィルスに対する感染症であり、ほとんどが飛沫感染によるものであることから感染者と会うことがなければ感染する心配はほとんどありません。しかし、家庭や事業所、諸々の施設は人が集まる場所であることから感染のリスクが高い場所です。そういった場所だからこそ空気清浄機を設置することによってリスクを減らす試みがなされているのです。特に医療施設や介護施設には高齢者や身体の弱った人が集まりやすいことから、インフルエンザにかかることによる死亡リスクが高く、細やかな配慮がなされるようになっています。死亡リスクの低下という観点ではリレンザによる治療も大きな貢献をしてきています。リレンザを服用することによって高熱に苦しむ期間が短くなることから、肺炎などを伴って命の危険がある状況になってしまう可能性が低下するのです。リレンザが登場してからというものの、インフルエンザが原因となっている死亡率の低下が見られていることからも、治療薬として画期的で有効なものであることは確実といえるのです。