リレンザの意図を外れた治療とエボラウィルスの有効性

リレンザはインフルエンザの画期的な治療薬として市場に出てきたものの、一般の人からはあまり受けがよくありませんでした。医者からすればインフルエンザに苦しむ患者を救うことができる治療薬としてリレンザを積極的に使用したいという気持ちもあったでしょう。しかし、リレンザが吸入薬であるという点がネックになったと言わざるを得ません。日本では薬というと飲み薬が基本であり、吸入薬であるということに抵抗を感じる人も多かったのです。メーカー側も吸入器に工夫を凝らすなどの措置を行いましたが、なかなか世の中に定着しないまま、別の治療薬に地位を奪われれてしまうことになりました。売れるだろうというメーカーの意図が外れてしまった治療薬というのはリレンザだけではありません。その後に既存の治療薬とは異なるメカニズムでインフルエンザの治療に有効とされる薬が開発されましたが、メーカーの意図から外れて既存の治療薬が向こうであった際の治療薬という地位となってしまいました。そのことはメーカーにとっては不本意なことでしたが、その治療薬がエボラウィルスに対しても有効であるということが実験的に示されてきたことにより日の目を見るようになりました。エボラウィルスに対して有効な薬というのは開発が求められていたものの、実際にはその開発に成功して市場に出てきた薬というものがないからです。エボラウィルス感染によって引き起こされるエボラ出血熱は致死性の高い重篤な疾患であり、その感染が広がってきているのが問題となっています。そのため、その治療薬として売り出すことができれば大きな社会貢献となると期待され、その増産と臨床試験の実施が行われるようになています。