インフルエンザの空気感染対策とインフルの薬リレンザ

部屋の空気でインフルエンザの空気感染対策をしましょう。たとえば、空気をこまめに入れ替えることによって空気中のウイルスを部屋の外に出せます。部屋の中のウイルスが少なければ、その分体内にウイルスが入る可能性も少なくなりますから、空気感染対策として効果的です。また、部屋の空気の湿度を高くすることで、のどの粘膜の状態を改善し、体の中にウイルスが入りにくい状態にすることができます。それに加え、湿度を高くすると人の体内に入る前にウイルスが壊れやすくなり、感染しにくいという面もあります。また、オーソドックスではありますがマスクをすることでも空気中に飛び散るウイルスが少なくなり、空気感染対策として有効です。インフルエンザの薬として、タミフルやリレンザとよく聞きますが、具体的にリレンザはどのようにして、インフルエンザに対抗しているのでしょうか。リレンザはノイラミニダーゼ阻害薬という薬の一種で、インフルエンザウイルスのNAという酵素を阻害する薬です。NAとはインフルエンザウイルスと細胞との結合を切断するつまり、インフルエンザウイルスが放出される最後の段階を手助けする酵素です。このNAを阻害することにより、インフルエンザウイルスは細胞の中から外に出られなくなり、最終的に増殖が抑えられるのです。リレンザは口から投与されても吸収がされにくいため、吸入式と言って口から吸いこむ形で薬を体内に入れます。インフルエンザウイルスは肺や気管を通り、体内で増殖するため、直接薬を届けるのです。ウイルスの遊離(増殖)を防ぐという作用機序ですので、すでにウイルスが増えた状態では効果を発揮することができません。なので、早期発見、早期薬物投与が重要となってきます。