リレンザの副作用その1、薬へのアレルギー

毎年11月ごろからインフルエンザの予防接種が始まります。
予防接種を下にも関わらずインフルエンザに罹患する患者は少なくありません。
高熱や鼻水、咳、たん、等の風邪症状になった場合、病院を受診しインフルエンザの検査を患者が希望された場合インフルエンザ検査を行います。
しょうじょうが発症後24時間以上経過していない場合は、もしインフルエンザにかかっていたとしても陰性に出てしまうことがあります。
もし通常の風邪薬を処方されて、服用しても症状がよくならない場合は、ただの風邪ではなくインフルエンザに罹患している可能性があるので後日もう一度インフルエンザの検査を行うこともあります。
それで、一回目は陰性だったのに、数日後の再検査で陽性に出た患者さまも入らっしゃいました。
インフルエンザ 検査は検査キット使用により、綿棒で両鼻より鼻汁を採取し、15分ほどの時間で結果がわかります。
陽性だった場合、医師よりリレンザやタミフル、等のインフルエンザウイルスの対する薬が処方になります。
私の働く職病院でもリレンザはよく処方されていました。
しかしリレンザによるリレンザ 副作用でアレルギー反応を起こしたという患者さまからの連絡は一度もありませんでした。
アレルギー反応というのは、じんましんのような発疹が皮膚に出る。
皮膚の掻痒感や吐き気、呼吸困難感などです。
もしそのような症状が出た場合は早めに病院に連絡し相談することが大切です。
今年もそろそろインフルエンザの季節がやってきます。
インフルエンザにかかる前に、まずインフルエンザワクチンを接種しインフルエンザにかからないことが大切です。
そしてもしかかってしまったら病院を受診しリレンザ等のインフルエンザに対する薬を処方してもらうことが大切です。

↓インフルエンザ治療薬の購入はこちらが便利
医薬品 ネット販売